忍者ブログ
ここはタカラトミーより発売のtcg、デュエル・マスターズが中心の非公式のブログです。 ネタ、地雷を中心に取り扱う予定。 相互は随時募集中、ただし基本的にデュエマ関連のみ
[1401]  [1400]  [1399]  [1398]  [1397]  [1396]  [1395]  [1394]  [1393]  [1392]  [1391
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日のコロコロフラゲ情報により、全国地方予選のカードプールがほぼ固まりました。
来月の中旬に全制覇パックvol4が出て、後もうちょっとだけ広がるんじゃ。って事になりそうですけど、ほぼ固まったと見て間違いないでしょう。(ヤヌスやセカンドクラスのカードをねじ込んできそうで少し怖いけど

メタ読みなんかロクにしたことないけど、ビートが流行ってきそうだということなのでビートを組む上で重要な召喚酔いをしないクリーチャーなどをまとめてみたいと思います。

スピードアタッカー

2コスト
斬込隊長マサト
2コストでスピードアタッカーを持つスピードアタッカーとしては過去最軽量タイのコストを持つカード
過去の2コスSAは手札が0枚だったり、多く多色が必要だったり、ジャンケンだったりと色々ありました。そしてこいつの条件はマーシャル・タッチ

バトルゾーンのアタッカーを一体減らしてSAを得るこのカード、普通に使うとあまり得しないので考えなしに入れることは難しいですが、殴り合うビートでこそ輝くカードだと思います。
書いてあることを整理すると、どんなクリーチャーでも2コスト払うだけでSAを付加し1ターンパワー5000となる。ってな感じです、こっちのバトルゾーンに大きいのがいないと油断して動いた相手を5000で返り撃てるのも偉いのに、CIP使い回しのおまけ付き。
でも、いれすぎると腐りやすくなるため注意


3コスト
タイラーのライター
これを書こうと思ったとき大雑把にどんなSA、進化が居るのかまとめてみました。
その時、3コストの欄には過去の3コス1000SAの中から1枚とエグゼドライブが書かれてました。
でも、両方共おらず3コスのSAはこいつのみ

でも、PSを見渡すとこれは正解だったと思う。エグゼドライブがいないのは確かに寂しいけど、大抵のデッキでは3コスのSAを投げるよりブーストしてGENJIなどの大型を早出しするか、ヤヌスでSA付加スタンバる動きの方が強そうだもん
赤単がどこまでやれるか。厳しいと思うけど

アゲアゲ実況DJ・ショー
おそらく予選会場にはショーが居ると思われるため、こいつは3コス2000のSA持ちとなる。
メリット能力を持ってはいるが、SA持ちならそもそもバウンスされにくいだろうからマーシャルタッチがノーコストで発動できるかも?って程度か
ジェスタールーペから出てくるクリーチャーで唯一のSA程度に覚えておくと吉かも


4コスト
ピッチュ・アイニー
スピードアタッカーとして使ってもいいけど、その真骨頂はやはりそのタップトリガー
自身が動くよりも、より強力な能力を持つフレイム・コマンド(主にXX)にその能力を譲るのが良さそう
ドラマチック・ウォーズにライバル的なルビンが再録されており、そちらとどう差別化するかも腕の見せ所

無頼疾風ザン・エビゾウ
4コストのSAで仁義で3コスト以下にSAを付加できる多色クリーチャー
ユウコ、モグッタンがマナ爆誕で、ポン吉、ソンクンがマーシャルタッチでSAを得ることが出来る。
また、同弾の軽量サイキックにSAを付加することも出来、その場合は6マナ貯めてのフェアリー・ホール→ユウコマナ爆誕という流れが安定だろうか


5コスト
衝撃のロウバンレイ
GENJIと同じアタックトリガーを持っているものの、脆い。
ティラノ、ブレイブ・スピリットと組み合わせることで真価を発揮するが、どれもこれもパーツとしてはそこそこ止まり。
とりあえずブロッカー破壊内蔵と見て、効果の付加はオマケ程度に

爆炎ホワイトグレンオー
これをまとめるにあたり、自身はSA持ちで無いものの誰かにSAを与えるカードをどうするかを考えてこの次に紹介するカードみたいにしようって結論に達したわけだけども、こいつは自身がSAでありながら、他者にもSAをばらまく爆弾カード。いわゆるトラウマ。でもまあ、リアルに「気付いたら、死んだ。」を二重の意味で製造するバルルンがいないしまだマシか
6コスのサムライに繋ぐと綺麗にSAがカッ飛んでいくんだけど、GENJIはもともとSA持ってるので、色が違うアシカガかホワイト・ヘヴンがメインかそれか次元呪文で若武者を出して即ぶん投げるか

ボルメテウス・武者・ドラゴン with 竜装ザンゲキ・マッハアーマー
これまた自身がSAで回りにもばらまくカード。その対象もかぶってはいるが、カードの特性からして同じようなデッキに入るというわけではなく、武者特化のデッキに入ることになりそうなカード
特化な分わざわざ書くことが少なくて済むw

鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス
殴るときに、そして殴り返しに心強い1枚。
だいたい分かるだろうし、書くことが少ない。


6コスト 
ここらへんからW持が普通になって来る。やはり突破力を持つGENJIが頭一つ抜けている印象
爆竜GENJI・XX
最強の6コスSAクリーチャーといえる性能を持つカード、デッキ単位で何かを仕込んでない限りこいつの劣化となってしまう。また環境に墳墓がないため、こいつを4積みした上でさらにSAが必要ということにでもならないと、他のカードが呼ばれることはまず無い

ボルシャック・大和・ドラゴン
GENJIで一番被害を受けた人。特化させても武者の効果が少し強力になるだけ
しかし、置換効果により全ての不滅を一太刀で斬り伏せられるため。使えないわけでもない

ボルシャック・NEX with マッハ・ルピア
NEX+マッハはSAとしての運用よりも、NEXを使い回すコンボとしての運用の側面もあるがとりあえず。
G0のバルケリオスが居たら強力であったが、PSにはいないため他の相棒が必要となる

爆竜ストームXX <天地爆裂>(トルネード・チェーン)
確定ではないが、条件付きでSAを得る事ができる
ファイヤー・バードが落ちていれば、攻撃時12000のTブレイカーという破格の性能と成るため、十分に狙う価値はあるがデッキに数多くファイヤー・バードを入れる必要があり、構築の難易度が上がる。
確かにカイザーアイニーは強いが、墓地のファイヤー・バードを減らしすぎると折角のTブレイカーが消えてしまうので注意が必要

超次元バイス・ホール
使い方を挙げだすとキリがないこのカード、そのなかの一つにシンカイヤヌス、キルを出してヤヌスを覚醒させることで、SAを2体ばらまくことができる。
このカードの利点は相手の手札を把握できること、その時の相手の手札に合わせて大型のディアスを置くか、ヤヌスキルで小型中型を投げつけるかの二択を取れ、この事は他のカードにはないこのカードの持つ絶対的な強みの一つ


7コスト
爆裂マグマキラウェア
ここらへんが、手札をガンガン投げつけていくタイプのデッキと、一工夫して大型SAでねじ伏せるかの境界線かな?普通に殴るんだったら此処から先はGENJIよりも重いコストを払ってでも使う理由が必要になる。
んで、このカードにそんな使い道があるか?と聞かれると返答に困る。


8コスト
バザガベルグ・疾風・ドラゴン
ボルベルグ・クロス・ドラゴン
クロスギアをクロスするコストを踏み倒すこの2枚が奇しくもPS環境に揃った。
と言っても、環境にクロスギアはそこまで多くなく。この2体にクロスする価値があるギアは?と聞かれると、シデン・レジェンドと超銀河剣ぐらいしか思いつかない。


9コスト
ボルシャック・クロス・NEX
もう、スピードアタッカーというより、コントロールやコンボのフィニッシャーとしての側面が強くなるサイズ。
攻撃時17000のTブレイカーと他を寄せ付けぬ突破力と、4コスト以下の相手の後続を断つ能力を持つ。
大型の出し合いになると4コスト以下を縛る能力が腐りがちになるが、増えた手札から小型を展開される展開が無くなるのは強みの一つ


特別枠
幻想妖精カチュア
ドラゴンを相手のシールドにシュゥゥゥーッ!!超!エキサイティン!!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
管理者のみ閲覧可
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
この記事のURL:
ブログ内検索
プロフィール
HN:
kerox / 人参
年齢:
30
性別:
男性
誕生日:
1990/04/26
職業:
工場員
趣味:
カードゲーム マナいじり
自己紹介:
通称  蛙の人 根菜 温野菜
別名  kerox カエル
趣味はそこまでガチガチになる必要は無いと考えており、地雷系のデッキを多用しています。

このブログはリンクフリーって事で、急にアクセスが急増するとびっくりするんで、前もって連絡してくれると嬉しいです。
フリーエリア
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
[05/27 CROVE]
[05/19 大明神さまさま]
[05/09 はるはるしやがってる]
[04/19 紅蓮]
[03/25 S2機関]
バーコード
最古記事
Copyright(C) kerox / 人参 All Rights Reserved.
忍者ブログ * [PR]